2010年2月26日金曜日

XPS M1730 オーバーヒート

購入当初からGPU(GF8800M GTX)の温度がやばいなーと思ってはいたのだが。
常に60-65℃ぐらいで。
SLIだと70℃ぐらい。

で、先日ついにVRAMが壊れた。

保証が切れたのが3ヶ月前。
おそるべしDELLタイマー。けっこうな精度。

というよりも

普段は、ゲーム用に使ってたのだが、最近、高解像度のテクスチャを張ったモデルのモデリングをしていたので、そのせいだろうと思う。


モデリング中にテクスチャが化け始め、再起動すると、DELLロゴにドットノイズが入り、OSの起動中も青い点が無数に画面上に現れるようになってしまった。
で、ついには起動すらしなくなった。
この状態でも標準VGAやセーフモードでは問題なく起動するのがせめてもの救い。


一応、専用の台座をこしらえて、エアフローを妨げないような工夫はしていたのだが、それだけでは放熱がぜんぜん足りていなかったらしい。

こういう作業のときは、気をつけないといけないようだ。

壊れたから確認したのだが、埃はほとんどたまっていなかった。
エアダスターひとふきで綺麗さっぱりになる程度。
換気扇用のエアフィルターを張ってたのだが、若干熱が篭りやすくなっていただろうと思う。


一昔前のデスクトップマシンを代用する事にした。
すでにXPSは修理に出したので、分からないのだが、そのマシンで温度モニターを表示させて様子をみたところ、高解像度のテクスチャを張った状態でモデルをぐるぐるまわすと、あっという間に温度が2-3度跳ね上がるようだ。(それ以上は怖くて試してない)

おそらくXPSもその瞬間に壊れたのだろうと思う。

VRAM容量越えのテクスチャが頻繁に書き換わるようなゲームとかも、やばいのかもしれないなー。
意外とサクサク動いてしまうので、負荷がかかってるようには見えなかったりするんだが、熱は激しく出てるようだ。

XPSでグラボが壊れている人はけっこういるみたい。

皆さんもモデラーを扱ったりするときは、お気をつけて。
XPSの修理代はけっこう痛い。

0 件のコメント:

コメントを投稿