2010年5月19日水曜日

GGCとMPC on STARFLEET

移動する XMarker を Creature に置き換え、スクリプトも修正が終わったので、コンパニオンとの相性を調査する事にした。

長らく GGC を愛用してきたのだが、MPC の動作検証も行ってみた。
同時に OBSEも、v0016を使っていたので、v0018 にアップデートした。

GGC Companion Set 0.6j は、いまいち安定しない模様。
転送装置を利用して艦の中に直接転送を繰り返すとCTD。
どこから転送を開始しても同じ。
具体的には、

1.外から艦の中に転送。
2.艦のトランスポーターで元いた場所に転送
3.外から艦の中に転送。

で落ちる。

weOCPS.dll もビープをたまに鳴らす。


1.艦の外から艦の外(後部ハッチ)に転送
2.ハッチをくぐって艦の中に移動
3.トランスポーターで元の場所に転送

というような、艦へのアクセス方法だと安定し CTD する事もない。
一応スクリプトは読んでみたが、CTDの回避方法はあるような気はするものの回避方法は不明。


MPC 1.2.2 は特に問題なかった。
weOCPS.dll が、警告音を鳴らすことも無かった。


施設利用に関しては、GGC、MPCとも5人同行させてみたが、特に問題もなく、あちこちついて回り、開放すれば、施設も利用してくれる模様。

0 件のコメント:

コメントを投稿