2010年11月13日土曜日

ヘルニアでダウン

2回目。

ぎっくり腰かもしれないが、長いので恐らくヘルニアに起因するものであろう。

昨年、右足と腰に激痛(?)というより、違和感なのかなんなのか。
痛みとも違うが痛いといえば痛いみたいな。
そんな感じで、とにかく立てなくなって、病院にいったところヘルニアと診断された。
3週間程度でようやく支えが無くても自立して立って歩けるようになったという過去がある。

ということで2週間程度、椅子に座るのも困難な状況が続いていた。

10年ぐらい前から稀に右足がつった後のようになり、直立姿勢で痛みを伴い歩きづらくなることが度々あった。
たぶんその頃からヘルニアっぽかったのだろうと思う。
その頃は、すぐに治るので全く気にしていなかったが・・・。

私の場合、重症ではないので、対症療法しかなくて、シップはって痛み止めを飲むぐらい。
病院行くのも、一苦労で楽じゃないし、むしろ前回は悪化したので、今回は病院行かずに自宅療養。
使い古しのM16を杖がわりに、トイレ行くのもかなりの気合と根性が必要だった。

ということで、椅子にも座れず、プログラムも書けず仕事が出来ない状況が続いていた。

症状が改善すると今度は筋肉痛になる。
神経が圧迫されている間、その神経に関連する筋肉などに力が思うように伝わらないため、立ったりするのに普段とは違う別の筋肉を局所的に使う。
なので、腰周りが良くなってくると足の節々が痛み出すという2段階の恐怖。

私は過去に武道を嗜んでいたのだが、やる時はやるが、やらない時は1年以上もの間やらないという事を繰り返していたため、かなり足腰に負担がかかっていたと思う。
筋力が衰えても、脳が動きを覚えているがゆえに、復帰した時に無理をするという事が多々あったはず。

若いと思って無茶すると、私みたいなことになるので注意したほうがいいかも。

一応今は9割りがた治ったと思うが。
筋トレ強化したほうがいいかもしれない・・・。


0 件のコメント:

コメントを投稿