2010年12月31日金曜日

tes4fu

TES IV OBLIVION のファイルチェッカー
Windows XP 用。その他OSは不明。XP以降ならおそらく問題ないと思う。

MODの esm や esp を読み込んで nif やdds,wavその他諸々のファイルが実際に存在するかどうか確認してくれる。
MODを書き換える機能はなく、ファイルの一覧を作成してエラーを報告する。

最後にコンパイルしたのがいつだったか忘れるぐらい前なのだけど。
STARFLEET関連で頻繁に使ってたので特に目立った不具合はないとおもうので公開。

https://sites.google.com/site/eisenbase/softwares/tes4fu

使い方は MODのesmやespをドラッグ&ドロップする。
あとは、Reportsウィンドウに Complete とメッセージが出るまで待って、Reportsウィンドウのエラーログを確認。

エラーログには、ファイルの過不足、パスの指定がおかしくないか等、そういう事が書いてある。

各リストウィンドウの項目を ERROR でソートするとエラーのある項目がトップに来るので、クリックして何がおかしいのか詳細を確認。
MODを直してもっかい確認。

といったような使い方をする。

nif だけをドロップしても一応動作する。
nif の場合 dds が足りてるかどうか確認する。

esm,esp はhttp://www.uesp.net/などを参考に、きちんとフォーマットの構造体を定義してレコードをシーケンシャルに読んで処理しているが、nif のほうはフォーマットが分からないので、ファイル名っぽい所を抜き出している。

なのでその辺でファイル名じゃないものが一覧に加わる場合もあるかもしれないのでご注意あれ。

フリーソフトウェアです。

0 件のコメント:

コメントを投稿