2010年12月2日木曜日

Xbox 360 Kinect センサー

いまさらだけど。すごい。

スペックに関する情報がまとまってないようで、実際の性能がよく分からない。

英語版wikiによると

8bit VGA (640x480) で 2048レベルの感度

とあり、日本語版 wiki には解像度の情報が無い。

多くのニュースサイトでは
「フレームレート 30Hz,32bit カラー、VGA解像度 640x460 のRGBビデオストリーム
および
モノクロ 320x240x65536 で震度の測定ができる。」
とある。

この文脈から仕様を読み取ると
・映像が 32bit カラー、アルファつきのRGB 256階調  で
・3次元センサーが 320x240x65535
となる。
65535 が謎。
フレームレートが 30Hz というのも謎ではあるけど、どのみち30fps前後
なのだろうと思うのでまあこだわらない。
はてさて。

けっきょく製品版は 320x240 になったという情報も有り、よくわからない。
その手の映像を見ると 320x240ぐらいだなーという気はするので、おそらくそうなんだろう。

MS非公認で、オープンソースの Kinectドライバを書いて賞金をゲットしようみたいなのも
あったようで、そういう人はおそらく、触った段階で分かっているのだとは思うが・・・。

解像度がどのくらいなのかを見るのに、丁度良い映像があるのだけど
http://japanese.engadget.com/2010/11/11/kinect/

指の動きもよみとれそーな気がする。
と、数値はともかく、使える代物だという事は分かる。
手話に関する噂もあるらしいが、今のところ未実装の模様。
ソフト面が充実すれば、できるようにもなるのだろう。
ゲームも続々登場らしい。
いくつかの動きをすでに覚えているらしく、ゲーム用途のコーディングはけっこう楽に出来るっぽい。

いままで、ハンドメイドのロボットとなると、レーザー距離計とカメラ2台あるいは1台で入力時に光学的な処理を行ったステレオ画像ぐらいしか立体認識の選択肢としてなかったわけだけど、Kinectセンサーがハンドメイドのロボットに載れば、3次元認識が安価で簡潔に構築できてかなり楽になるかもしれないなーと思った。
私もぜひいじくり倒してみたいものだが・・・。

ああ欲しい・・・。

関連:
中身 http://japanese.engadget.com/2010/08/09/xbox-360-kinect/

0 件のコメント:

コメントを投稿