2011年3月24日木曜日

モバイルコンピューティング

停電中は連絡先の確認やメモなどに HP200LX が大活躍でしたが、最近もいろいろと使ってます。

開発環境が他に要らないというメリットのおかげで、停電中もいろいろと救われました。


長寿命、電源のない環境で使いまくっても、数日は十分に耐えるので、電源心配しなくていいって言うのはやっぱり心強いです。
(普通に使ってれば1週間もつし、単3電池なので、切れても問題ない。)

スマートフォンやPDAだと単純な計算させてるだけでも、マルチプロセスで、バックライトがあるのも手伝ってかせいぜい 1-2時間しか持たず、バッテリーの劣化もあるのだろう。
クロック落として使ってやればいいのだけど、毎回それをやるのも面倒で。


システムマネージャのリプレイスを作ろうと思っていた時期もありましたが、また再開したくなりました。
まあそんな余裕はありませんが・・・。


新品でHPから再販してくれたらありがたいんですけどね。

無理なんですかね・・・。

単純に反射型カラー液晶化したHP-*LX を夢見たものです。

などと思う今日この頃です。

0 件のコメント:

コメントを投稿