2011年4月14日木曜日

Acer ICONIA TAB W500

GIGAZINEにフォトレビューがあがっているようです。
http://gigazine.net/news/20110413_acer_iconia_tab_w500_photo/

いいなー欲しいなー。


私物のFlybook v33i が、震災で傷ついてしまったので、新調したい今日この頃。
HDDも傷物なので、いつ壊れるのかと、どうも気持ちが悪い。
さらに停電中に過放電になってしまったので、バッテリーも上がり気味で、外部バッテリーなしでは使い物にならない状態。
いまさらバッテリー買う気にもなれないし。

ICONIA TAB W500の解像度は 1280x800 とのことらしい。

十分、開発機にもなる解像度だと思う。
やや狭いとは思うが出先でちとコードを変更するぐらいなら十分。
TES4 Oblivion も動いてくれるのではないかと思うんだけど・・・。
CPU 1GHzではきついかもしれないが試してみたい・・・。

スペック
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20110218_427640.html
CPU AMD C-50/1GHz
メインメモリ 2GB
ストレージ 32GB SSD
カメラF 640x480
カメラR 1280x1024
他 BT,WIFI,HSDPA-3G

32GBでは、そのままでは母艦にはならないな。
でも開発環境持ち歩けるだけマシかもしれない。

価格は6万前後らしいので。Flybook の 1/5 だ。
なんとまあ・・・。

iPodとかAndroid端末はどうも買う気になれない。
買ったPDAはリナザウが最後。しかしながら、けっきょく HP200LXに回帰。

PDAの類は他にも色々使ってきたのだけど、けっきょくの所、Windows じゃないと使い物にならなくて。
何よりPDAはデータの同期が面倒。

200LXは学生時代に膨大なライブラリ群を友人と作成したので、たいていの事がすぐにできる状態なので、今でも使えてるのだと思う。シスマネもなんだかんだいって他より便利だし。

端末自身でソフトウェアの開発ができるOSなら、Windowsじゃなくてもいいんだけど。

母艦持ち歩くとしても、自作アプリが脱獄しないと使えんようではどーにも。
Androidは使い慣れたEclipseが使えるから余分な手間もないし我慢できる。

それでも、リソースとか膨大な過去資産とかの関係もあるし、常時少ない労力で開発可能な環境を持ち歩くとしたら Windowsを選択するしかないのが現状。
WMも辛うじて開発環境にはなるものの標準で重くて微妙だったし。

もう一度、CUIの時代がこないものだろうか・・・。
いろいろな面倒から開放される気がする。

0 件のコメント:

コメントを投稿