2011年5月16日月曜日

商標とか特許とか面倒

商標とか特許とか面倒だなーと思う。

自分のアイディアが勝手に使われてしまうことに関しては別にどうでもいい。

私も世の中の、これは無いだろう、もっとよくなるだろう的なところに反論するつもりで、いろいろクリエイトしているので、真似されて、それが普及することは大変ありがたい。

逆の場合に訴えられる可能性があるというのが面倒。

人間とは、なんて欲深い罪な生き物なのだと思わずに居られない。

つまり、防衛という観点から、それらを出願しなければならないというのが、どーなのかと思う。
個人で多忙な状況だとそれらに時間を割く暇もないわけで。


そんなことには興味を持ちたくなく、ひたすら研究や改良にこそ時間をかけたいわけで、企業なら法律を扱う部門にでも任せれば済むことなのだけど、個人だとそうも行かない。

なので公的機関に、たった一言いえば、勝手にこれでもかと言うぐらいに守ってくれるぐらいの配慮がないと公平とはいえない。


最近ではAがSを訴えたりしてるけど。

まあ、確かに似てるし、Aはそこまで強い企業でもないわけだし、アイディア頼み的な部分があるわけで、守ってやらないとつぶれてしまうので、助け舟が必要なのは分かる。
なので、商標や特許の権利を守る必要性というのが分からないわけではないのだけど。

つきつめれば、資本主義なのがよくないのだろうけど、これはどうしようもない。
かといって社会主義的なのは嫌だし、あえて望むなら個人主義、博愛主義とでもいうか
とにかく、迷惑かけずに助け合えばいい的な世の中になってくれたらよいなと思う。



ということで、たまに特許や商標について考える。



Perl や Apache、OpenSource なんかも出願した人がいるらしく、なんとも、そういう事は、やめてもらいたいと思う。

割とまともそうな企業でも、IT用語なんかを隠れて登録しちゃえ的な事が多々あるようで、その手のニュースをよく見かけるたびに、そこの製品は買うまいと誓う。

かくいう私も、長年使い続けているブランド名があり、いつの間にかあるメーカーの商標らしきものとかぶっている経緯がある。

それ自体は独創的な単語で当時はなかったものだが、SF好きなら容易に思いつくものであるというのはなんとなく分かる。

興味なかったのでいつからなのかは不明。
おそらく商標登録はされているだろうが、やや謙虚な感じなので真相は不明。
登録されていないかもしれないが、どうなんだか。
安いものではないらしく、現物も見たことも無い。


私の場合、分野も違えば、その名称の使用履歴をさかのぼって、先人であることを証明できるし、私の正当性はある程度確保できているため、まあ訴えられても問題なかろうとは思うのだが。
かつては名刺もくばりまくってたし、まあ証人もたくさん居て地方では当時から浸透もしているとは思う。


が、検索エンジンへの影響力はとてつもなく、その名称でヒットする確率は、ものすごい低下した。
とはいえ、その名称でサイトを探そうとする人は、いないだろうし、目的による検索で訪れる人が多いという事で特に問題にはならないので実害は無いに等しい。

最近は、似たような名前がたくさんあり、21世紀ということもありこの手の造語が非常に多く、そのうちのひとつ的な感じがあり、目立たなくなってきた。

なので気にしないようにしているが、たまに気になってしまう。

訴えられた場合に、面倒だし、すっきりしたいので、とっとと名前を変えたいのだが、これにかわるストレートなものが、なかなか思いつかない。

一応候補はあって、ドメインも未登録で、過去の登録履歴すらない単語はいくつか作った。
検索結果にもダイレクトなヒットは無いようなので、候補としてはあるにはあるのだけど。

ドメイン維持費も運営費とあわせると安くないし、私の家族も、そのドメイン名でメールを使ったりしているわけなので、移行の手間がとてつもなくかかる。

進行中のプロジェクトなんかもその名称が入るわけで。
移行のタイミングも難しい。

10年以上使っているわけなので、メールアドレスの変更なども考えた場合に、その範囲が広すぎて、考えただけで恐ろしい。

彼ら彼女らは自分では移行できないので、私がやることになるわけで。

ほんと大変。


変えたところで、またどっかで使われてしまうと、同じように悩む日々となるわけなので。

いちいちサイトつくんのに商標とらなきゃならんのかと、思うわけ。

しかも全世界に対して。

そういうのがあるので、なかなか移行できない。


まあ、お互い気にしてないならそれでいいんだけど。


平穏を欠くような迷惑だけはかけないでほしいと日々願う。



0 件のコメント:

コメントを投稿