2011年8月5日金曜日

模様替え中

嫁と EverQuest 2 をやろうと思って、PC環境をガラリと変えた。

新調はしておらず、配置換えしたのみ。

唯一のまともな3Dアクセラレータ搭載のPCを茶の間に移したため、3D関連の開発環境がなくなってしまった。

そういったプログラムを書く予定は当面ない気がするので問題ないのだけど。

必要になるまでに、なんとかしなければならない。



ちなみに、EQ2は、GF6800あたりでも余裕で動くので、古いPCも活躍する。

EQ2のレンダリングは Oblivion に近いところまで達成している。

当時、動き回る光源の処理を行っていたのは、EQ2 ぐらいしかなかったと思う。

バンプマッピングもあるし、布の動きをシミュレーションしたり、NPCの亡骸も HAVOKみたいに物理演算が若干入っているような感じなのだ(掴んで動かすことはできないけれど)

海にも潜ったり、泳いだりできるし、水面や鏡も反射する。

まあとにかく、Oblivionの感動は EverQuest 2 にもある気がする。

以前は乗りものは無かった気がするのだけど。

馬に乗ったまま戦えるようになってたりと、いつのまにという感じ。


で。

いまだに一部の日本語訳が変なままなのだけど。

それでもまともに各種機能を実装しているあたりは他のゲームにはない良い特徴だと思う。

ほんと地道に、ありとあらゆる機能を作りこんで、改良してきたって感じで、これは作れんなーと思った。

私はジャンプできないゲームは基本的に長くはやらないのだけど、もちろんジャンプもできる。




EQ2は、随分昔からあるけど、あれから随分変わったようで。

初期の頃の生産は、けっこう大変だったが、その後より遊びやすいように簡略化された事があった。

現在は、さらに簡略化されているような印象で、材料とスキルさえ揃ってれば、とりあえず生産できる模様。

かつては中間アイテムの作成が必要だったと思うんだけど、今はダイレクトに拾った材料を使えるらしく、その辺どうなっているのか謎。

一応すでに持ってる古い中間アイテムは消費されているようなのだけど、中間アイテムが無くなったら今後は作らなくても良さそう。というか、それらのレシピすら見当たらない。

まあ楽になったし、無駄にシステムを作りこむよりこれで十分な気がする。



ということでLV1よりスタートし、現在二人とも15前後。

あっという間にレベルが上がるので、大してやっていない。

それから、
アカウントが維持された年数に応じて報酬というのがあるのだけど。

たまりにたまってて、それの処理が大変だった。

ちなみに 例の惨事の補償ということで、9/6 まで無料らしい(私はアカウントステータスで確認した)ので、最近遊んでいない方は、これを機に復活してみては。

他に、Free-To-Playという無料版があるのだけど、こちらは、別に最初からアカウントを作成しないといけない模様。

課金アカウントから無料版へという移行は見たところできないような感じだ。

無料版のアカウントでは、アイテムの管理数に上限があり、所有できるゲーム内通貨にも制限があるらしい。

また、装備できないアイテムも多数ある模様。



敵は以前より倒しやすく簡単になったような感じがする。

初期装備を、前のキャラに生産させて着こんだせいもあるのだろうけど。

しかしながら、グループ向けのクエストは、ソロではこなせない。

その辺、今後嫁と二人だけで、どうやって倒すか謎。

ギルドでも入るしかないような。


他には、newbie zone は過疎ってて、mob の取り合い的なものはほぼ皆無。

まあ、全体的に過疎ってるのかもしれないけど。

ギルドなんかは夜間は、たくさん活動しているようで、当面つぶれることはないだろう的な感じ。

それにしても Kelethin からスタートできるとは思ってなかった。

私は、EQ1では、Felwithe育ちだったんで、Crushbone とか懐かしの舞台もあって、懐かしい思いをしつつ遊んでいる。


ということで、一緒に遊んでみたい方は、お問い合わせ先よりお声掛けください。

0 件のコメント:

コメントを投稿