2011年8月31日水曜日

相次ぐ故障

サーバーPCの故障につづき(復旧済)、嫁にあげたPCもダウン。

マウスコンピューターのG-TuneシリーズのP4時代の古いやつ。


とりあえず、電源が入らなくなったので、電源かと思ったのだけど。


電源を交換してみた所、POWERスイッチで電源は入るようになったものの、ファンが一瞬周りすぐ落ちる。

なので、とりあえずコンデンサを見てみたが、膨れているものもなく、液漏れもなく、一見、良好。

以前、似たような問題で、CPUのヒートシンク取り付け不良だったという例が1回あったが、グリス除去して塗りなおさなければならず、けっこう面倒。一応まだそれらのケミカルは残ってはいるので今回は新たに調達する必要はないのだけど。

CPUってそんな一瞬で高熱になってクラッシュするようなものなのかどうなのかは、ヒートシンク無しでPC起動したこともないのでわからないが、そういうものなのかもしれないと、当時は思った気がする。


このPC、BTOなのだけど、電源外すのにMBを外さないと、ひっかかってとれないという・・・。

何度かやってるはずだけど、前過ぎて覚えてなかった。

一見、どこにも干渉せず、すぽっと内側から抜けそうだったのだけど、ぎりぎりだったらしく無理だった。

内部にアクセスするための側面のフタを固定するために出っ張りがあって、それがなければ取れるのだけど。

けっきょく全面的にばらす必要が出て、かなりの手間に。

その仮定でCPUファンとヒートシンクの固定が微妙になったかもしれないといえばうなずける。

外すの面倒だから、つけっぱでやったのに、けっきょくCPUファンもヒートシンクも外さねばならぬという。

順序どおりやったほうが、結局一番手間がかからないよという完璧な例となってしまった。

まあ平たい机が横倒しになるぐらいの地震を乗り越えて、その後も修理もせずに動いていたわけだし。
ヒートシンクがそのままついてるほうがおかしい気もするが・・・。

別にマウスコンピュータが好きなわけではないけど、サイトを見てみたら7万ださずして、もうちとマシなのが買えそうなご時世らしい。

ちなみに GPU は GF6800 なので、まあ非力。

でも、普通にOblivionも動くし、COD4 ぐらいまでは、遊んでいたはず。

なので、まあ、まだ使える気はするので勿体無いが。

MB交換してCPU交換してとかやってると、7万超えそうだし、そのうちケース以外全部交換したくなったり、そうなると電源450Wじゃ足りなくなりそうだし、微妙なところ。



0 件のコメント:

コメントを投稿