2011年8月8日月曜日

LM-M100S

主にDNSとホームセキュリティサーバーとして利用していた LM-M100S が故障。

イベントログを見ると、HDDへのアクセスに問題があるらしい事が書いてあったので
他のHDDと交換し、普通の OEM版でない Windows XP をインストールしようと思ったが
フォーマットでエラーが出て続行不能となった。

HDDを別のマシンでフォーマットし、パーティションを切ってインストールさせるという試みも
インストール過程のファイルの転送が失敗する場合があるらしく途中でエラー終了。

他のマシンでチェックする限りHDDにはエラーが無いらしく、とりあえず2000円前後の
メモリーをamazon から取り寄せて見ることにした。

メモリーの故障でなくマザーボードの故障となると、廃棄ということになってしまうが致し方あるまい。
修理に出してマザーボード交換となると定価並みの値段がかかるらしいんで、そうなったら他のを買ったほうがよい気がする。

このマシン震災直後から不調ではあったがなんとか動いていた。

地震のゆれでラックから振り落とされたPCなのでHDDの故障とばかり思っていたが、メモリーが故障となると、熱のせいかもしれない。

とりあえず修理できたならばファンぐらいは付けてやろうとは思う。

もともと熱に強そうなマシンではなかったが、エアコンを控えていたせいもあるだろう。

ということで、使っていない HP の nx4800を引っ張り出し、代用中。

ちなみに我が家の省エネ率は単純に電気代から計算すると、ピーク時からは40%以上の削減を達成しており
現在、各家庭で15%削減するよう求められているが、その15%がきっつい状況。

当時、エコのためではなく電気代を減らすためにはじめた事なのだけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿