2011年9月27日火曜日

3D映画

ネタ元
http://www.gizmodo.jp/2011/09/3d2d_1.html

うちの嫁さんにも不評だった。
3Dしかないから仕方なく見たという感じで。
2D版があれば、そちらをえらんでいた。


理由は3Dメガネがフィットしないのと目が疲れるから。

私も似たような理由で避けていた。

最初からわかっていたことだが、やっぱメガネが必要というのはマイナスだと思う。

焦点が強制されるのも不快だった。
意識的に奥や手前に焦点あわせても映像がぼやけているから、焦点が合ったようにならないという。

3Dというのはオプション的なものでなければならないのだろう。
普段は2Dで見れますけど、気分に合わせて3Dにもできますよみたいな。
映画の上映中いつでもどこでも。
まあ難しいだろう。
あとは家で見る分にはいいかもしれないな。
メガネ無しで。

PCゲームなんかでは3Dだと結構楽しいと思うのだけど。
まあこちらも常時3Dにしておくようなものではなかった。

このまま廃れずに進歩だけは続けていってもらいたいものだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿