2012年8月28日火曜日

Appleプロセスを終了させるスクリプト


そんなこんなで iTunesを実機にインストールしたので無用なプロセスの制御が必要になった。

サービスマネージャから関連サービスを終了させて手動に設定。
ちなみに、iTunes や iPod はこれらのサービスが必要なので無効にしてはならない。

プロセスが動いていなくとも、iTunesを起動すると復活するので、普段プロセスが動いている必要は全くない。

で、iTunes を使って終了させた後、毎回プロセスを探しては終了させるのが面倒なので、スクリプトが必要になる。

kill_apple_process.vbs などの名前で保存して、クリックして利用すればOK。

ちなみに iTunes稼働中は、プロセスを終了させてはならないので注意。

以下そのスクリプト。

Windows 用。 要WSH。

Dim procs,proc,wsh,apps,app

apps = Array(_
"mDNSResponder.exe", _
"iTunesHelper.exe", _
"AppleMobileDeviceService.exe", _
"iPodService.exe")

Set wsh=CreateObject("WScript.Shell")
For Each app In apps
  Set procs = GetObject("winmgmts:{impersonationLevel=impersonate}").ExecQuery("select * from Win32_Process where Name='" & app & "'")
  For Each proc In procs
    wsh.Run "taskkill /F /IM " & proc.Name
  Next
Next


プロセス名が増えたり変わったりしたら冒頭のArrayで追加したり変更すればOK。

ご利用は自己責任で。

以上。

-
2012/09/05 bug fix

0 件のコメント:

コメントを投稿