2013年7月29日月曜日

Facebook のページレイアウトが崩れ、画像も一切表示されない場合の対処の一例


嫁の Facebook が変になったとので何とかしてほしいと依頼を受けた。

Facebook のログインページ、ログイン後のタイムライン等のレイアウトが css が読み込まれていないような表示で画像も一切表示されなくなった。

実際 css は読み込まれておらず、一切の画像も表示されていなかった。

環境は Windows XP SP3 で ブラウザは Chrome 。

画像のプレイスホルダーのURLは、akamaihd.net を参照している。
それをクリップボードにコピーし、直接 Chrome から参照してみると、「このサーバーのセキュリティ証明は無効です以下略」となる。

ウィルスでも食ったかと思ってブラウザでページを開き netstat やnslookupで逆引き等を試すが特に問題なかった。

で、その警告文下端のリンクから問題を了承し開くを選択すると、そこには何も表示されないが、以後、同一セッションでは Facebook のページが正常に開けるようになる。

状況によって https に X とか△が付きやはりSSL関連がおかしいとは思いつつも・・・。

IEはほとんどないが、Chromeは度々キャッシュが壊れるという事が起こるというのを私も過去に経験しているので、キャッシュも疑うがキャッシュをクリアしても改善しなかった。

次に IE で開いてみる。

IEで開くと、セキュリティ証明が無効ですという帯が出て、帯をクリックすると正常に表示される。

Windows Update が無効化されて、定期的にユーザーにより更新されている状況ということで、Windows Update で証明書の更新等が出てないか確認するが、特になく最新であった。

んで、Chromeでもういちど画像のプレイスホルダーのURLをクリップボードにコピーし新規タブで開いて、セキュリティ証明が無効ですのページをよく見てみると、更新切れの日付が1か月後である事に気が付く。

でPCの時計を見ると、なぜか日付が1か月後になっていたという・・・。

PCの時計を正しい日時に合わせると、この問題は解決した。


ということで、キャッシュクリアしても改善しない人は、PCの時計がくるっていないか確認してみよう。

という話。

まとめると、Facebook で同様のトラブルに遭遇した場合

・画像のプレイスホルダーやCSS等をブラウザで直接開き、ブラウザでエラーメッセージを確認する。
・netstat と nslookup で張られているセッションが正常かどうか確認する。
・PCの日時があっているか確認する
・Windows Update でルート証明書の更新等がないか確認する。

あたりがトラブルシューティングの核心かと思う。

ちなみに時計がくるった原因は、0歳児がPCをバンバン叩き、ウィンドウが無数に開いたりという事もあったので、その結果だろう。一応同期はとっているのだけど。ずれすぎると更新に失敗するとかあるんで。

以上。

0 件のコメント:

コメントを投稿