2013年7月4日木曜日

PC間のキーボードとマウス共有

PC間のキーボードとマウス共有の話。

Windows 8 にして MaxiVista が未対応で使えなくなったので、仮想モニタはあきらめるにしても、キーボードとマウスぐらい対応させようかと思った。

で、Synergy 入れてみた。
Synergy version 1.4.12
server: Windows 8 pro 64bit
client: Windows XP pro 32bit

Windows 8 対応ではないという話はググってもでてこないのだけど。
マウスによる移動ができなかった。
なぜなんだ。
ホットキーの設定によってホットキーでの移動は可能だった。
日本語入力でも特に問題は起きないところまで確認。
クリップボードもテキストの転送を確認。
管理者で実行とかサービスの実行権限とか確認したが1時間ねばって結局駄目だった。
ちなみにサーバーが物理キーボードとマウスがつないであるほうらしい。
マウスで移動できなくても切り替えができるなら別にいいかとも思ったが・・・。

で、どうやら似たようなものでMS謹製があるらしい。
Microsoft Garage Mouse without Borders
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=35460

すごくいい・・・。
ログインスクリーンも対応しているとは・・・。(試したら無理だった)
クリップボードの他に、ドラッグ&ドロップによるファイル転送機能があるみたいだ。

Windows 8 だと画面の端に機能があるのだけど。
マウスカーソルを端に近づけると外に移動してしまう。
いったん外に出してから戻せば機能する模様。

または、Block mouse at screen corners をチェックすれば引っかかるようになる。

追記。
どうも、マウスカーソルが画面外に出てしまうとテキスト入力のフォーカスを失ってしまう模様。
入力する際にマウスカーソルを右側に払いのける癖みたいなのがあると、かなり使いづらい事が判明。
クリップボードも専用のフォルダに何か入るらしく、ちと使いづらい。

MaxiVista のようにはいかんのだろうなー。
MaxiVista は一切そういうのはなくて、まさにシームレスで驚異のパフォーマンスだったからな・・・。
そういう所も考慮して作っていたのか偶然なのかはしらないけど。
こういうのは使えなくなってこそ感じるものだな。
Scroll Lock 押すだけでリモートと拡張画面の切り替えが一瞬でできるとか便利すぎた。
MaxiVistaは優秀なソフトだったなーとつくづく思う。
Windows 8 の 64bit 対応を望むばかり。





0 件のコメント:

コメントを投稿