2013年7月4日木曜日

Windows 8 のスタート画面にシャットダウンボタンを追加する方法


ショートカットを作って、「スタートにピン留め」すればよいだけです。


バッチファイルをそのまま置くことはできないようです。

バッチファイルのコマンドは vista以降と、同じで大丈夫なようです。
(パラメータ詳細は検索してください)

シャットダウン
C:\Windows\System32\shutdown.exe -i -s -f -t 30

スタンバイ
C:\Windows\System32\rundll32.exe Powrprof.dll,SetSuspendState Sleep

再起動
C:\Windows\System32\shutdown.exe -r -f -t 10

中止
C:\Windows\System32\shutdown.exe -a
(シャットダウンと再起動の中止)

アイコンはプロパティの「アイコンの変更」から、
%SystemRoot%\system32\SHELL32.dll
などを開き適当なものを選択してください。

デスクトップにこれらのショートカット作って、右クリックして「スタートにピン留め」。

デスクトップのほうはピン留めした後は削除しても問題ありません。

エクスプローラーでプログラムフォルダに放り込んだだけではスタート画面に出てきません。
デスクトップに作ってピン留めしたほうがよさそうです。

P.S.
うちみたいに元々 Windows 8 搭載機でないPCに 8 をインストールしたような場合、スタンバイに失敗する場合があるようです。
高速スタートアップが関連していたらしくオフにしたら改善しました。
まあ確かに高速といってもいいぐらいに快適でした。
メンテの行き届いたマシンでは無くても大差ないといえばない・・・と思います。
http://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=014421

2013.08.31 追記・編集・校正等実施。

0 件のコメント:

コメントを投稿