2013年10月26日土曜日

Windows 8.1 導入した

もうしばらく様子見していたほうが良かったかもしれない。
そういえば 今までも最初のサービスパック 的なものって、ろくなものが無かった気がする・・・。

・Windows 8.1 でスタートボタンが復活してしまった。

スタートボタンがないと困る人たちがそれだけ多いという事なのだろうか。
Windows Key もあるし、マウスのボタンの1つにでもスタート画面割り当てとけば OK な話だったと思うのだが。
何故に人々はそこまでスタートボタンを欲しがるのか・・・。
まあたしかに、未だに2ボタンマウスしか置いてないところもあるとは思うが。

・Windows 8.1 にすると dpi スケーリングが標準でオンになっている。

コードエディタなどもその影響を受けるため、マルティディスプレイ環境で dpi が異なる場合、ウィンドウをディスプレイ間で移動したり、狭間付近に配置すると、少し移動するたびに、ウィンドウサイズや表示行数が変化して気持ちの悪い思いをする。

画面解像度の設定から「テキストやその他の項目の大きさの変更」、「すべてのディスプレイで同じ拡大率を使用する」というのをチェックすればOK。

ところが、スタート画面には反映されないらしく、「スタート」という文字が無駄に大きい。

WUXGA のディスプレイと、WUXGAのノートで使っているのだけど。
ノート側で Windows 8 ではタイルが縦6個表示できていたものが、8.1 では縦5個しか表示できなくなってしまった。
新たにタイルのサイズを「大・中・小」で選択できるようにはなったものの、そういう問題ではない。

Windowsスマートチューニング
224 Win 8編: ディスプレイのスケーリングを正しく動作させる
http://news.mynavi.jp/column/windows/224/index.html

も無視される始末。
はてどうすればいいのか・・・。

・SkyDrive 単体でのログインが不可になった。
OSと統合されたらしい。
タスクトレイへの雲アイコンも表示されなくなり、進捗も不明なばかりか、ユーザーアカウントとマイクロソフトアカウントとの関連付けが必須になる。
ローカルアカウントでPCを利用しているとSkyDriveは利用不可(他の方法でアクセスする事は可能)。

ということで。

改悪な気がする・・・。



0 件のコメント:

コメントを投稿